2005年08月13日

鮒谷周史さんに学ぶ「自己投資の重要性」

モチベーションアップのためにクリっとお願いします

●昨日名前をあげた「平成・進化論。」の鮒谷周史さん。

まるでシンクロしたか(?)のように、丁度昨日のメルマガでこんなことをおっしゃってるワケで。


■それでは今日の方程式をどうぞ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のピークパフォーマンス方程式。>

【 無形財に対して対価を支払う覚悟ができるかどうかが成功の分かれ目。 】

───────────────────────────────────


■「平成・進化論。」読者の方に、ゴルフレッスンからの学びをシェア
 させていただきますね。


■無手勝流だと上達しないのはゴルフもビジネスも同じだな、と
 改めておもっています。
 

■カネをケチり、プライドを捨てられないことで、

 「コーチをつけない」

 ことによる大きな弊害があるのではないかと。


■変なところでコストを惜しみ、

 かえって技術を身につけるために膨大な時間を浪費したり、

 変な癖や思考回路が身について、その矯正に多大な労力がかかったり。

 往々にしてあることです。


■最初から、それぞれのジャンルの優秀な人について指導を仰ぐことが
 重要であることを改めて知らされます。


■ゴルフ界のスーパースターであるタイガーウッズは、

 チームタイガー(?)

 というチームを結成していてメンタル面とか、スイング面とか、いろんな
 分野ごとに専門家集団を抱えて一つの目標に向かって進んでいくそうです。

 いまのプロスポーツ界の流れ、ということだそうです。


■わたしも(特にビジネスにおいて)それぞれの分野の突出した
 プロフェッショナルから指導を仰ぎたいと常々思っています。

 そして中途半端な人からは学びたくはありません。
 変な癖がつくと、修正にかえって大きな手間暇を取られてしまうから。


■はっきりいって、ジャンルにおける本物のプロフェッショナルから指導を
 仰げるのであれば、1日数十万円のコンサルフィーも激安、なんです。

 なかなかその観点にたって、投資を思い切れる人が少ないから、
 
 そのハードルを越えていく人から順番に、

 それぞれのジャンルにおいて、ビジネスで一人勝ちしていくのです。
 

■そんな人を今まで何人も見てきました。

 だから、わたしも教育投資は増やしこそすれ、減らすことは絶対
 にありえません。

  
■ちなみにわたしはサラリーマン時代から一日換算で10万円以上の
 セミナーにもがんがん出ていました。

 そのかわり日常生活は弊衣粗食、ここに極まれり、でしたけれども。
  

      〜 中略 〜


■そうやって浮かせたカネはすべてセミナー代(含む交通宿泊費)と
 書籍代に<瞬間蒸発>していきましたが、それでも満足でした。

 間違いなく、その学習が自分の血肉になっていることを実感して
 いたからです。

 それこそ、貪る(むさぼる)ように、あくなき学習を続けました。


■これも上述のゴルフと同じロジックで、重要性としては


 【 時間>お金 】


 だから、その人の何年、何十年とかけて蓄積してきたノウハウを
 たったの数十万円で購入できるとなれば、

 ほんとうのところは問答無用、即買いなんです。

 こんなお買い得な買い物、掘り出し物は他にはないのです。


■ところが「知恵」「知識」といった無形財に対して対価を支払う、
 ということがなかなかできない。

 まぁ、身銭ですから当たり前だし、わからないでもないんですが。


■もちろん、借金してまで、とか無責任なことはいうつもりも
 ありませんが、


 <すべての能力を独力で身につける>


 なんていうのは、「最短で結果を残そう」と思ったらありえない話
 なのです。

 一つのことを学ぶのに与えられる時間が10年、20年あるのであれば
 話は別ですが。


■その投資を思い切れないから、セカンドステージに上がれる
 人がほとんどいないわけ。

 その高いハードルを乗り越えることができたから私は、今の自分が
 あると思っていますし、自分がやったこともない、やってもいないのに、
 そんなことは勧めません。


■オリジナリティの追求、というのはそうやってある程度のレベルに
 達した人がいうべきことであって、

 模倣してはだめだ、

 というのは

 あるレベル以上の人にとってはそのとおりなのですが、

 大多数の人にとっては非常にもったいない考え方であると、私自身は
 思っています。
  

      〜 中略 〜


■意識の高い「平成・進化論。」読者のあなたは、既に無形財の価値を
 十二分に理解されていることとおもいますが、

 そこに対価を払う覚悟ができた人から順番にセカンドステージに
 あがれるということ、あらためて、お伝えできればと思います。


(今日の内容はいかがでしたか?いいな、と思われたらご友人にぜひ転送を)

【お勧めメルマガ 「平成・進化論。」】
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000114948.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                              ┃
┃【今日のピークパフォーマンス方程式】            ┃
┃                              ┃
┃ ■重要なノウハウや知識を購入できるのであれば、多額の投資 ┃
┃  も惜しくない。それを独力で身につけるためには数年、   ┃
┃  十数年といった長い歳月がかかるのである。        ┃
┃                              ┃
┃ ■時間>お金、の認識を持つことが成功の条件。       ┃
┃  時間<お金、の価値観から離れない限り、わずかなお金を  ┃
┃  惜しみ続け、成長への扉を開くことができない。      ┃
┃                              ┃
┃ ■ノウハウや知恵といった無形財に対して対価を支払う覚悟が ┃
┃  できるかどうかが成功の分かれ目なのである。心すべきこと。┃
┃                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「平成・進化論。」━━┛


こんなカンジで(ちょっと引用が長すぎたかも(汗))。


●いやー、相変わらずいいこと言ってますわ(笑)。

 【 時間>お金 】


ホント、その通り。

さすが鮒谷周史!←呼び捨て(笑)。


●最後の部分の

ノウハウや知恵といった無形財に対して対価を支払う覚悟ができるかどうかが成功の分かれ目なのである。


というのが、高額セミナー好きとしては心強いというか(笑)。

結局、「資本投下」しないと身につかないんだよね。


●そういった意味では、「情報商材」も同様かと。

もっとも、情報商材は人によって、その「価値」が全然違ったりするから(笑)。

ボクは肯定も否定もしませんよ。


●もうひとつ、「時間を買う」という意味では、細々とした作業。

特にアフィリエイトのサイト作りとかだと、自分でシコシコやればお金は出て行かないから、ついついやっちゃうんだよね。

それなりに楽しいし(笑)。

ていうか、そんなのまで外注出してる人、普通いないか。


●もちろん、自分自身でやった方が、身についたり、後々の発想や戦略・戦術に好影響をもたらすものは、時間を多少犠牲にしてもやった方がいい。

ただ、結局こういうのって全部「トレードオフ」なんだよね。

「時間とお金」の。


●そう言えば、学生時代パリに1週間いたことがあったけど、お金が無かったんで、毎日フラフラ公園行ったりセーヌ川眺めていたっけ。

逆に社会人になって、ゴールデンウィークにヨーロッパ旅行した時は、パリには実質2日もいられなかったので、それこそ超加速旅行(笑)。

まさに「時間とお金」の真理(笑)。


●今のボクは、自分が可能な限りはお金で時間買ってます

だってそれが成功への近道だと思うから・・・。


自己投資するのが好きな人はクリック!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/free_mind/50026936
この記事へのトラックバック
「セミリタイア」「高額セミナー」…翻訳職人を目指す私には、多分この先も関係ない言葉だと思います。でも、セミリタイアのためだろうが、スポーツだろうが、翻訳だろうが、「やるべきことは同じ」だということが、改めて裏付けられました。トラックバックさせていただい...
どの世界にも共通すること【SOHO翻訳者の仕事部屋】at 2005年08月14日 12:28
この記事へのコメント
業種こそ違え、やるべきことは同じだという考えが裏付けられました。
突然ですが、トラックバックさせていただきます。
Posted by まな at 2005年08月14日 12:30
まなさん

ご訪問ありがとうございます。
翻訳関係のお知り合いも欲しいな、と勝手に思っておりました(笑)。
今後とも宜しくお願いします。

Posted by foxxx@高額セミナー好き at 2005年08月14日 19:39